2番目の彼女ドラマ/2004年/本編65分


予告編

ダウンロード

<スタッフ>

エグゼクティブプロデューサー/北村真史、プロデューサー/前田利洋、協力プロデューサー/狩野善則、脚本・監督/大森美香

<キャスト>

北村有起哉、前田綾花、岡元夕紀子、MCU、柏原収史、すほうれいこ、水橋研ニ、岡田浩暉、大浦龍宇一、岩崎ひろみ、秋本奈緒美

<ストーリー>

 現実とのギャップに耐えきれず脱サラ、そして未だ本を出せたことがない自称小説家・草野(北村有起哉)は悩んでいた。通りすがりの若い女と寝てしまったのだ。しかもすごくかわいい女…。草野にはサラリーマン時代から付き合っている彼女・有希子(岡元夕紀子)がいる。スチュワーデスな上、経済的にも支えてもらっていて、不満なしのいい女…。彼女とはずっと真剣につきあっているし、結婚も考えている。今まで浮気なんてしたことはなかった。なのについ…。

 しかもその若い女・女子大生の雪乃(前田綾花)は「2番目でいいから付き合って欲しい」と懇願してくる。「2番目」とは…。ドライな付き合いで、前向きに楽しいような恋愛。会いたい時に会うシンプルな関係だそうだ。草野は親友・有栖川(MCU)に相談するが…。

 ペンネーム草野崇文は、28歳プータロー。小説家といっても、シナリオライター3、本屋のバイト7。自分が何者か見つけられない、自己分析真っ最中の平凡な男だ。

 そんな彼に週刊誌騒動で製作が中断しているドラマの続きを書けるかもしれないチャンスが巡ってきた。エッジのきいた脚本を書けば採用してくれるとのことだ。そのドラマは患者の男の子が、彼女と別れて一途にこの看護婦さんに恋をするといったラブストーリー。看護婦さんは別に恋人がいる。その後のストーリーを、エッジのきいた作品へ展開してほしいとのことだ。偶然にも会議の場に「2番目の彼女」という発想が持ち込まれる。プロデューサー(秋本奈緒美)は興味を抱く。

<イントロダクション>

 「2番目の彼女」は1人の平凡な男が2人の女に愛され翻弄されていくトライアングル・ラブストーリー。このある種普遍的なモチーフを、人気脚本家・大森美香が自らメガホンをとり、イジワルだけど暖かい視線でチクチクプクプクとつむぎだし、日本映画の新しい可能性を示す上質のエンターテインメントに仕上げた。

 キャストには映画や舞台に欠かせない実力派俳優から、ラッパー、ダンサーまで異種異例な組み合わせ36人が結集。主人公のシナリオライター草野役には「日本の黒い夏 冤罪」「赤い橋の下のぬるい水」「草の乱」、大河ドラマ「義経」の若手実力派、北村有起哉が映画初主演。草野を惑わす女に「閉じる日」「油断大敵」の前田綾花、「バウンスkoGALS」「アナザヘヴン」の岡元夕紀子、親友の売れっ子ライターには、活動休止中のヒップホップグループ、KICK THE CAN CREWのMCUが映画初出演している。

コメントを投稿




トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nikkansports.com/mt/mt-tb.cgi/11891