QUESTION クエスチョンドラマ/2004年、R15指定/本編82分


※この作品はR15指定作品です。あなたは15歳以上ですか?

over_15.gifunder_15.gif

<スタッフ>

製作/フルメディア、製作・原案・脚本/永森裕二、編集・監督/亀井亨

<キャスト>

水元ゆうな、藤田浩、中谷友美、坂本裕一郎、中務一友

<ストーリー>

 サラリーマンの岸田順は、妻の真理と結婚して1年。専業主婦の真理はクイズマニアで、休日には、よく2人でクイズを出し合った。食事をしながら、散歩をしながら、釣りをしながら。クイズを考えている時の真理が、順は好きだった。だが、幸せの仮面の下には、とても人には言えない秘密の夫婦関係があった。

 真理は、処女だった。結婚して1年たった今でも。求婚の際に交わされた「約束」があった。セックスをしない事。真理の体に触れない事。わいせつな言葉を話さない事。真理に心底の愛情を持っていた順は、その約束を了解した。しかし、その約束を遵守するには、真理はあまりにも魅力的すぎた。順は、この1年で、そのフラストレーションを極限まで高めていた。会社帰りに風俗店に通った。真理が鍵をかけて着替えるのを盗撮した。

 ある日、順は真理に限界を告げた。ノイローゼ寸前だ。「正常な」夫婦関係をもてないだろうかと。真理には予感があった。でも体が拒絶する。あなたを愛しているけど触れられない。順は提案する。2人が日課にしているクイズ。答えられなかった時、触れていいか。かくして、順は少しずつ真理の貞操を解除していった。

<イントロダクション>

 より幅広い客層にアピールするエロスレーベル「フルモーション・レーベル」。エロスをテーマにした邦画の新たな可能性を模索する。関連邦画としては、「飼育の部屋」「月光の囁き」「援助交際撲滅運動」「六月の蛇」「少女」「プラトニックセックス」「コンセント」など。

 主演は奇跡ボディーのAVアイドル水元ゆうな。19歳、AV界のトップアイドルにして、演技力に定評のある彼女が、男に触れた事がないバージンの役に挑戦。複雑な夫婦関係の感情を見事に演じ切っている。篠山紀信「アカルイハダカ」の巻頭を飾ってその美しさを見せつけた。

コメントを投稿




トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nikkansports.com/mt/mt-tb.cgi/11877